ノンアルバー「Bar Straw」に行ってみた

あなたはノンアルコールバー「Bar Straw」をご存知だろうか。

Bar Strawはノンアルコール飲料だけを提供するノンアルコールバー。オープン日時は不定期、場所も不定の神出鬼没のお店だ。誰でも楽しめる本格派のノンアルコールドリンクのみを提供しながら、Barという、非日常だけど心地良い「いつもはしない話をしてしまう」空間を作りだす。提供するノンアルコールドリンクは毎回異なるオリジナルだ。今回行ってみたのは10月26日(土)に笹塚ボウルで開催された、オンラインマガジンNEUT一周年記念イベントに現れたBar Straw。

土曜夜19時半を少し回った頃、ドキドキしながら笹塚ボウル3階に足を踏み入れる。センスの良い音楽が流れ、怪しげな色のライトが目に飛び込んでくる。今回は土曜日の夜の開催だからだろうか、大人な空間が広がっていた。

Bar Strawの看板

すでに中にいた数人と目が合い、会釈をする。そこにいるほとんどが20代から30代くらいだろうか。10代くらいに見える人もいる。みんなそれぞれに似合った、個性溢れる装いをしている。じっと音楽に耳を傾ける人、グループで談笑する人、隣の人にニッコリと挨拶をする人。みんな思い思いの時間を過ごしているようだ。

せっかくだからお店こだわりのノンアルコールカクテルを飲んでみようとカウンターに近づく。今日のメニューは3種類。

「みかん珈琲トニック」:極早生みかん出し珈琲、トニック水

「ハーブとりんごときなこ」:タイム、レモンタイム、りんご、きなこ、黒ごま

「乳酸クラフトコーラスカッシュ」:クラフトコーラ、ホエー、レモン、炭酸水

毎回異なるメニューが提供される

今回使われているクラフトコーラの「ともコーラ」は、最近注目していた飲料だ。バーテンダーに挨拶をし、「乳酸クラフトコーラスカッシュ」を1つ頼んだ。バーテンダーはとても丁寧にドリンクを作ってくれた。

乳酸クラフトコーラスカッシュをひとくち口に含むと、深みのあるスパイスが炭酸でさわやかに弾ける。飲んだことのない、複雑な味だ。すべての材料が絶妙なバランスで混ぜられているからだろうか、複雑で不思議な味だけど、おいしい。

乳酸クラフトコーラスカッシュ

「なんでノンアルバーをしようと思ったのですか」

自身をBar Strawの発起人だというその人に聞いてみた。

「そういう場所が今までなかったから、あったらいいかなと思って」

と、その人は言う。

「いろんな人に来て欲しいです。赤ちゃんとかも連れてきていただけたら嬉しい」

次のBar Strawは、11月6日(水)神楽坂 かもめブックスにオープンするという。今後の開催予定は、随時インスタグラム上で発表される。

https://www.instagram.com/p/B4Mj1m-jlwj/?utm_source=ig_web_copy_link

<店名>Bar Straw

<場所>不定

<オープン日時>不定期

<ウェブサイト>www.instagram.com/bar_straw/