ロシアのアルコール消費量43%減少 WHO調査

世界保険機関(WHO)が今月1日に発表した調査結果によると、ロシアのアルコール消費量が2003年から2016年の間に43%減少した。

同調査によると、アルコール消費量の減少により寿命が著しく伸びる結果につながったという。これまでロシアは世界有数の酒豪の国として知られ、ロシア国内の主な死因のひとつが、特に働く世代の男性において、アルコール消費だった。しかし2003年~2018年でアルコールに起因する死亡件数は大きく減少した。

2018年にロシアの平均寿命は歴史史上最も長くなり、男性は68歳、女性は78歳となった。 ロシア連邦ドミートリー・メドヴェージェフ前大統領の政権下で行われた大規模広告の禁止、酒税増税、一定時間帯の酒販売禁止が主な要因とされる。