そもそもノンアルコール飲料って何?

ノンアルコール飲料の定義

そもそも、ノンアルコール飲料とは何なのだろうか。ウィキペディアによるとノンアルコール飲料とは次のように定義される。

ノンアルコール飲料(ノンアルコールいんりょう)とは、アルコール分が含まれないアルコールテイストの飲料。アルコール分が0.05%以下ならアルコールがほぼ含まれない(果物の天然果汁にごく微量含まれるアルコール分とほぼ同じ)ので「Alc. 0.00%」「ノンアルコール」と表記できる。日本の法律では清涼飲料水に分類されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ノンアルコール飲料

また、国によって解釈は異なる。

「ノンアルコール飲料」と言っても、アメリカでは0.5%まで、日本では1%まで、EUでは1.2%まで(イギリスは0.05%まで)のアルコール分が法的には認められている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料にも様々な種類があり、アルコールを含まないビール、ワイン、日本酒や、チューハイ、スピリッツを酔わないで楽しむことができる。